子供服の通販で自宅がお店に変身│楽しい育児のために学ぼう

男の子と女の子

子供に合った素材を

子供

子供服を選ぶときはデザインだけ重視してしまうと着れない可能性が出てきます。特に初めての子供や知人にプレゼントを贈るときなどどういったポイントで子供服を選べばよいのでしょうか。
子供の肌は大人に比べて非常に薄く繊細です。大人であれば問題のない素材でも、子供が着ると皮膚トラブルが起こる可能性もあります。また、知人にプレゼントする場合は、慎重に素材を選ぶ必要があるでしょう。着心地のよい子供服を選ぶためには、肌に優しい素材を選択します。肌に優しい素材として挙げられる「綿」は、通気性に優れているので汗疹になりにくいです。綿を選択しておけば失敗も少なく無難であるといえます。布の表面がタオルのようにループ状になっているパイルは、新生児から活躍する素材です。さらに肌に優しい素材を選ぶなら、農薬を3年以上使用しない土地で育てたオーガニックコットンがよいでしょう。新生児用の子供服に多く使用されている素材です。プレゼントする季節によって、素材の保温性や保湿性をみるようにしましょう。
子供服には取れやすい装飾や危険性のあるヒモはあまり使用されていません。子供の年齢に合った服を選ぶことで、子供服による事故を防ぐことができます。かしこまった場でしか着られない服や組み合わせに困るような色の服だと、着回しに困ることがあります。どんな服とでも合わせられるようなシンプルなデザインを選ぶと着たときのチグハグ感が少なくなります。体温調節の難しい子供には、薄めの服を多めに用意しておくとよいでしょう。重ねて着られるのでどんな気温にも対応しやすく、洋服代を節約することが可能です。